働きやすい環境 | 実は僕も脱サラして風俗店を起業しました。それについて

働きやすい環境

風俗店をやる際に、まず重要なのが女の子を一定人数確保しておくということでしょう。
そして、来てくれた女の子が辞めていってしまわないように、気配りと働きやすい環境をつくってあげることはかなり大事です。
風俗ってそもそも人の出入りが激しい業界です。
働く女の子にしても、黒服やボーイにしても、店自体にしても、なかなか一つの場所に根付くということが少ないように感じます。
そんな業界の中で、常に一定人数の女の子を在籍させておくためには、この店で働きたい、この店だと働きやすい、というふうに思ってもらえるような環境作りが大事でしょう。

この業界で働いている女の子には、少なからずワケありの子もいます。
借金があるとか、だんなが働かないとか、いろいろと事情を抱えている子も多いです。
なので、あまり他の子と関わりたがらない子もいますし、デリヘルの場合には、待機所で女の子同士が顔を合わせる機械が多いので、それがトラブルやストレスの原因になることもあります。
そこで、うちの店は待機所をパーテンションで仕切った個室にしました。
完全な個室はつくれませんが、プライベートな空間を作ることで、待機中はひとりでゆっくり過ごすことができると、女の子たちからも好評です。

他にも、アリバイ対策をしっかりやってあげたり、お客さんがつかなかった日でも最低時給は保証してあげるということもしてます。
とにかく女の子の質のサービスがこの業界で人気店になれるどうかの鍵になりますから、女の子へのケアと配慮は絶対に必要でしょう。