店を知ってもらう | 実は僕も脱サラして風俗店を起業しました。それについて

店を知ってもらう

新規の風俗店、特に無店舗型のデリヘルのような業態の場合、まずは認知してもらうのは重要です。
基本的に、この業界だと、老舗の店ほど信頼がおける、長く営業しているからにはそれだけの理由があるというふうに思われています。
そして老舗ほど女の子も可愛いい子が揃うし、サービスも行き届いているだろうというのが、一般的な見解です。
これはたしかにそうだと思います。
長くやっているのには理由があるし、女の子がたくさんいる、客がつく、フリーの客だけでも店がまわる、さらに女の子も集まる、というプラスのサイクルができていくんですよね。
そんな業界の中で新規でデリヘルを始める場合、とにかくお店の存在をアピールし、いかにうちの店がいいかということを知ってもらうことからです。
そのためにはやっぱりネットの力が必要でしょう。

今時、風俗店に限ったことではありませんが、ホームページを持つことは当たり前でしょう。
ネットからのお客さんがほとんどですから、ホームページの質はかなり重要だと思います。
在籍している女の子の写真やプロフィール、ブログなども掲載して、客の目を引けるようにしないといけませんね。
ホームページがしょぼかったら、なんとなく店もしょぼいんだろうなという印象を受けるかと思います。
なので、ホームページの制作には力をいれ、なおかつ少しでも多くの人に見てもらえるようにSEO対策を施すなどの工夫も必要でしょう。